産後の抜け毛が生え際に集中する理由

産後の抜け毛が生え際に集中する理由

出産後女性の髪の毛が抜けやすくなってしまうのですが、その中でも生え際に集中する傾向があります。

 

生え際の髪の毛がたくさん抜けてしまうとおでこが広くなってしまったり、髪の毛が薄く見られやすくなるので女性としては悩ましいところで、すぐにでも対策を取りたいと考えます。

 

そしてなぜ出産後の抜け毛は生え際に集中してしまうのかというと理由として以下のようなことがあげられます。

 

ホルモンの影響を受けやすいからです

髪の毛の生え際の部分というのは他の部分に比べてホルモンの影響を受けやすいという特徴があります。出産後の抜け毛の主な原因は女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまうことが要因であり、その影響をモロに受けてしまうことになるからです。

 

それから生え際は頭の他の部分に比べて汗をかきやすいので皮脂が多く分泌されます。AGAと呼ばれる男性型脱毛症も生え際の髪の毛が抜けていって、どんどん後退してしまうのですが、その原因も男性ホルモンのバランスが乱れることにより、皮脂の分泌量が多くなって、毛穴が詰まり髪の毛が成長しにくくなって起こるものですが、出産後の抜け毛もその傾向があります。

 

普段の髪の毛のお手入れも原因となっています

女性は日頃から外見を少しでもよくするためにしっかりと髪の毛を整えるためにブラッシングをしたり、髪を後ろに縛ったりしています。これらの行為によって生え際の毛根にダメージを与えてしまい、他の部分の髪の毛に比べて弱くなってしまっています。

 

そして出産によって髪の毛が抜けやすくなった場合、どうしても生え際のところに抜け毛が集中しやすくなってしまいます。