産後用育毛剤と育毛シャンプーの違い

産後用育毛剤と育毛シャンプーの違い

産後の抜け毛対策として育毛効果のあるものを使用して髪の毛が抜けることを防ぐのですが、使用するものの一つに育毛シャンプーがあります。これは髪の毛は生えやすくなるような成分が含まれているシャンプーのことで、抜け毛が気になる人が頭を洗うときによく使用します。

 

そして産後の女性も頭を洗うときに抜け毛の多さに気づくことが多いことから、その対策として育毛シャンプーを使って髪の毛を洗おうとするのですが、これは産後用育毛剤とどのように違うのでしょうか?

 

積極と消極の違いがあります

それでは産後用育毛剤と育毛シャンプーにはどのような違いがあるのかというと前者は抜け毛に対して積極的な効果を得ることができるのに対して後者は消極的な効果を得ることができるにとどまるということです。

 

具体的には産後用育毛剤を使用すると強い髪の毛が生えてくるようになり薄毛を防ぐことができます。これに対し育毛シャンプーの場合は髪の毛が生えてくるようになるわけではなく、髪の毛が生えやすいように頭皮を清潔に保つことによりその土台を作るにとどまるという消極的効果しかありません。

 

育毛という名前からこのシャンプーを使用すると髪の毛が生えてくるようになるのかと感じる人も多いですが、決してそのようなわけではありません。

 

出産後の抜け毛に育毛シャンプーは効果的か

出産後に出てくる抜け毛を防ぐために育毛シャンプーを使うことは効果的なのかというと全く意味がないというわけではありません。
確かにこのシャンプーは髪の毛が生えてくるようにすることはできませんが抜け毛を少なくすることは可能です。

 

そのため出産してから半年くらいまでたくさんの抜け毛が出る時期に育毛シャンプーで髪の毛を洗うことによって一定の抜け毛対策を行うことができます。